奇遇 です ね。 「奇遇」の意味と使い方・例文・「偶然」との違いは?新聞記者歴29年の筆者が解説!

です ね 奇遇

」 「話をしてから?」 「女が 玉簫 ( ぎょくしょう )を吹いて聞かせた。 いや、のみこめないばかりなら 好 ( い )いが、あるいは万事が嘘のような疑いを抱きたくなるかも知れない。 。

14
です ね 奇遇

詩は花やかな 対句 ( ついく )の中に、絶えず 嗟嘆 ( さたん )の意が洩らしてある。

13
です ね 奇遇

白石明日香が描いた全裸、時として股間をプロペラにして宙に浮いたり、といった下ネタ全開の漫画です。

7
です ね 奇遇

始めは何とも云わなかったのだが、ふと友達にこの 指環 ( ゆびわ )を見つけられたものだから、やむを得ず阿父さんに話す筈の、夢の話をしてしまったのさ。 ショッピングモールでたまたま彼と再会したが、彼女はその奇遇に驚きを隠せないでいた。

です ね 奇遇

まさに運命の相手を見つけた間であった。

10
です ね 奇遇

「奇遇にも会う」「奇遇に喜ぶ」などと使います。

9
です ね 奇遇

その側にある 筆硯類 ( ひっけんるい )は、いずれも 清楚 ( せいそ )と云うほかはない。 人と思いがけず会ったときに使う言葉です。 思いがけない出会いを意味しているので、日常生活でもビジネスシーンでも使うことはあまり多くないはずです。

6