コンシーラー 使い方。 コンシーラーの使い方をレクチャー!色・タイプ別に使いこなして悩みゼロ肌に

使い方 コンシーラー

せっかく茶色が消えても肌から白浮きしてしまうような色を重ねては、違う目立ち方をしてしまうのでNG。 クマ・ニキビ跡・毛穴などにピタッとフィットしてカバーします。 色を混ぜて使えるメリットがあるが初心者には向かない。

11
使い方 コンシーラー

逆に使い方を誤ってしまうと、思い通りにカバーできないことも…。 クリームタイプコンシーラー カバー力はリキッドとスティックの中間ぐらいに位置し、パレットに入っているのが特徴。 優しくソフトにタップするのがコツですよ。

4
使い方 コンシーラー

厚塗りにならないように一度にたくさん付けず、薄く塗りなじませるを繰り返して調整してください。 まずはメーカー推奨の使い方を確認してみましょう。

4
使い方 コンシーラー

ペンシルタイプ 特徴:鉛筆の様な形をしていて、スティックタイプよりも硬めのテクスチャー。 その後、コンシーラーの輪郭部分をトントンと軽いタッチで周りの肌となじませましょう。

3
使い方 コンシーラー

真ん中の色を中心に、必要に応じて左右の色をブレンドして使うのがおすすめです。

12
使い方 コンシーラー

使い方 肌に直接リキッドをのせていきます。

2
使い方 コンシーラー

青クマにオレンジ系コンシーラーを使用 C メイクイット青の補色であるオレンジを補うことでキレイなベージュに補正することができます。

使い方 コンシーラー

強い摩擦を与えないよう注意しながら、軽く線を一本入れてください。 カラーは、オレンジ・ライトベージュがおすすめです。 シミを消す!コンシーラーの使い方 どの種類のファンデを使うかによってコンシーラーを使う順番が変わってきます。

12