カープ。 広島東洋カープの選手一覧

カープ

正田が2年連続の首位打者、大野が防御率1. トレードなどによる移籍・新外国人選手の獲得・NPB球団外(MLBなど)からの復帰選手: NPB公示がなされてから。

10
カープ

(1955 - 1958)• 3年連続同一チームから最多勝投手を輩出。 安心してスタジアムに来ていただけるよう万全を期す」と話している。

5
カープ

(1956)• (1970 - 1974)• (1993 - 1995)• (1984 - 1985)• カープ打線が最も破壊力を発揮したシーズンで、この年のチーム205本塁打は日本プロ野球記録を更新。 (1959 - 1971)• 5ゲーム差をつけられる。 (1973 - 1975)• 市民球団としての体裁を保ちつつも、東洋工業をメインスポンサーとしつつ、大半の株を松田家が持つ同族経営球団となる。

7
カープ

9月18日に甲子園球場で阪神に勝ちリーグ優勝を決めた。 ~5,000円• 後半戦は投打がかみ合い、31勝13敗7分と驚異的な追い上げを見せるも、巨人を逆転して優勝したと5ゲーム差で、何とか3位を確保するにとどまった。 がに「広島東洋をやめて広島マツダカープに変えればいい」と言ったら、「東洋工業に愛着がある」と話していたという。

11
カープ

、カープの産みの親である谷川昇が衆議院選挙当選の報を聞きながら脳出血のため急逝する。 。 (1952 - 1954)• (1972 - 1973)• (1974 - 1978)• には、エースの長谷川良平が自由契約選手としてへの移籍を表明する が、翌年のコミッショナー裁定により長谷川の広島復帰が決まっている。

18
カープ

(1988 - 1994)• なお、先発投手の勝ち星はリーグトップの57勝を挙げ勝率でもトップだったが、救援勝敗は12勝20敗でこれはセ・リーグの救援勝率では最下位であり、12球団でも11位の成績で課題の残るシーズンとなった。

18
カープ

(1980 - 1988)• (1970 - 1974)• (1976 - 1980・1984 - 1988)• (1975)• 9月28日、中国新聞紙上に初めて「 広島カープ Hiroshima Carp 」という五文字が一般にお目見得した。

9