江ノ島 電鉄。 buckslegacy.org

電鉄 江ノ島

なお、のワンハンドル化はスペースの関係で実施されず、ツーハンドルのまま新品に交換されている。 車体・走行装置 [ ] 車体は台枠を残して一旦解体されて再構築されており、車体幅は種車の2156mmから2400mmに、車内幅は1956mmから2190mmに拡幅され、305編成と同様に台枠から車体が張り出した構造となっていることが特徴となっている。 前述の通り602は江ノ電における導入に際して100形110より主電動機を転用しており、今回の主電動機増設にあたって110と同一機種を搭載していた105が供出元に選定されたものである。

電鉄 江ノ島

また江ノ電初採用のものとしては前面・側面の式、連結面の転落防止幌が挙げられる。 製造後しばらくは従来の車両とは異なる車体塗装であり、1501編成は一般公募による 「サンライン号」、1502編成は「サンラインII」の名称で呼称されている。 低コスト化:501形の部品流用により低コスト化を図る。

17
電鉄 江ノ島

14時• 江ノ島電鉄株式会社「江ノ島電鉄会社要覧2017」2017年。

12
電鉄 江ノ島

その後、にはプラットホームの延長や重連運転開始により不足する車両の補充のための600形およびの導入などの準備が整い、輸送力増強と保安度の向上のための特殊続行運転が同年に廃止され、翌から連接車2編成での重連運転が開始されている。 地下鉄・モノレール・新交通システムをのぞいて、通常の乗降スペースすべてに上屋(屋根)が掛かっている鉄道事業者は、日本で唯一江ノ島電鉄だけである。 さらに江ノ電自体が特徴的でになりやすいところから、やの撮影に利用されることが非常に多く(「」の節を参照)、『』などの漫画にも時折登場し、その認知度は日本国内のみならず、世界的にも知られた鉄道路線である。

電鉄 江ノ島

また材料、部品は省エネルギー、保守の経済性を考慮すること。

9
電鉄 江ノ島

10:24 発 10:47 着• 303編成は元々大幅な改造工事が施工されたためと、冷房化により車体中央部が垂下してきていた。 集電装置は10形と同じくであるPT7121-Aとなっている。

電鉄 江ノ島

藤沢行• この改造では、主電動機は定格出力50kWのTDK8005-Aに、駆動装置は同じくたわみ板中空軸平行カルダン駆動方式のKD110-A-Mに変更されており、台車は1989年に改造された305編成と同じく編成両端の動台車はTS-837に、連接・付随台車はTS-838に変更されている。 第2節 経営戦略 ここでは江ノ電のいくつかの経営戦略を見ていこうと思う。 当駅始発• 上位にある県は鉄道や路線バスといった公共交通機関の利便性が悪い地域が多く、このため自宅や勤務先企業、小売店舗などに付設駐車場が完備されていることもあって、通勤や買い物などの日常生活に自家用車が欠かせないためである。