呪術 廻 戦 102。 呪術廻戦

廻 戦 102 呪術

特級を撃破した事で領域から抜け出し、二人は沢山のカラスと共に線路の先へと歩きだします。 その後救出され、一命を取り留めた。 それで烏自身に心の底から 「冥冥様ノタメニ~!!!」って思わせることで、縛りの強度をあげている、みたいな。

3
廻 戦 102 呪術

そして、任務先の村で虐待を受けていた呪術師の菜々子と美々子と出会い、遂に「猿(非術師)は嫌い」を本音にすることを選ぶ。

2
廻 戦 102 呪術

辛酸・後悔・恥辱…。 なぜなら 憂憂が「シン・陰流 簡易領域」を棺桶の中で発動し、領域を対策していたからだった。

11
廻 戦 102 呪術

以降、里香によって周囲に危害を加えるようになってしまい、家族からも離れた。

6
廻 戦 102 呪術

しかしそれでも やはり弟達が最期に何か言っていなかったかどうかは気になる所のようです。 これにより憂憂が棺桶に拘束されます。 好物はで、を特に気に入っている。

7
廻 戦 102 呪術

もちろん天元とか新キャラの可能性も全然あるけど、少なくともニセ夏油の正体が昔から生きてるキャラであることは確実なはず。 当初、人間で無いにも関わらず、日の下を自由に動くパンダに嫉妬と苛立ちを見せたが、交流会で交戦してからは、やや親密な関係になった。

廻 戦 102 呪術

冥冥曰く「術式無しで1級まで上り詰めた」実力者で、彼以降、同様に昇級した1級術師はいないという。 飄々としながらも、金に汚い一方で、真希や虎杖を術師として高く評価したり、弟の憂憂を溺愛するといった情に溢れた一面もある。 二番「(レイキ)」 体に呪力の水を纏ってクッションとして防御する。

6
廻 戦 102 呪術

領域展開を使ってくるだけあって流石に強敵の疱瘡神。

廻 戦 102 呪術

高専生時代の一人称は「俺」だったが、夏油に「年上に失礼で、年下にも怖がられる」と注意されたことを機に「僕」にあらためた。 渋谷事変では、脹相との闘いで気絶した虎杖が合計で11本の指を飲まされたことにより、一時的に目覚め、美々子、菜々子を殺害し、漏瑚との交戦で、パンダ、日下部、呪詛師等を巻き込んだ後に漏瑚を殺害、瀕死の伏黒を魔虚羅から救出し撃破した後に、重面春太を殺害。

1