ラムネ ビー玉 取り出し 方。 ラムネのビー玉ってなぜ入っているの?取り出し方と入れ方は?

ビー玉 取り出し 方 ラムネ

当然、筋肉痛になる覚えもありません。

19
ビー玉 取り出し 方 ラムネ

これは「三ツ矢平野礦泉」から「三ツ矢平野水」として販売されていたからです。

ビー玉 取り出し 方 ラムネ

なぜラムネにはビー玉が入れられているのかと、誰しも疑問を持ったことがあるのではないだろうか。 15mmのものをエー玉(A玉)と言います。

ビー玉 取り出し 方 ラムネ

実は飲み口には2種類あることを知っていますか? ビー玉の取り出し方も、飲み口の種類によって違ってきます。 でも、この2つを覚えておくだけで結構役に立ちますよ! 特に夏場にラムネを飲む方には、是非覚えていってほしい豆知識です。 息子「ねぇねぇ、このビー玉ってどうやって取るの?」 私「うーんと?ふた開くんだっけ??」 頼りない母はビー玉の取り方もすっかり忘れていました。

11
ビー玉 取り出し 方 ラムネ

炭酸飲料は内部の圧力が高いため、コルクが飛び出さないように針金で、瓶の口に巻きつけられていました。

10
ビー玉 取り出し 方 ラムネ

それは、炭酸が抜けてしまうことです!! あちゃー! ラムネの美味しさの醍醐味である炭酸が、抜けてしまっていたら元も子もないですよね。 この場合はビー玉を取るのは諦めよう。 中に入っているビー玉も、封を開けると瓶底まで落ちるのではなく、瓶半ばのくびれのところで止まってしまうあのラムネです。

ビー玉 取り出し 方 ラムネ

ラムネの瓶は洗って再度炭酸水を入れれば、また使うことができます。 キャップに突起がついていない場合は、打ち込み栓である可能性が高い。 当時のラムネはビー玉ではなくコルクで栓(せん)をしていました。

2
ビー玉 取り出し 方 ラムネ

ラムネには色々な秘密がありましたね! 最後に1つだけ! 取り出したビー玉の行方は気にしてくださいね。 でも、瓶を割る必要はありません! 栓抜きを使えば、瓶を割らずにビー玉を取り出すことができます! 瓶の飲み口についているキャップを、ビールのフタをはずすように栓抜きで取ります。

1
ビー玉 取り出し 方 ラムネ

そして、ビー玉を出す方法は、飲み口のキャップを回すか栓抜きで取るかでしたね! ビー玉を入れる方法は、口が大きい瓶を作ってから、ビー玉を入れて、 最後に熱を加えて飲み口を小さくしていたのです。 どうやら息子のお目当ては中に入っているビー玉だった! もともと光り物が好きな息子。 ビー玉は栓をするために入っているのですね! ビー玉栓のラムネを見ると涼しさを感じ、夏を感じさせてくれます。