和田 医院。 病院案内-和田内科医院/京都市東山区の病院-内科・糖尿病・生活習慣病

医院 和田

診療方針としては、 境界型糖尿病患者(糖尿病予備軍)の治療にも重点を置く。 糖尿病診療はチーム医療が重要であり、地域中核病院とくに京都第一赤十字病院などとの病診連携を積極的に推進しています。 人間ドックの結果、胃に炎症が出ている可能性があるとのことで当病院を受診しました。

16
医院 和田

胃カメラ検査時には、なんども嗚咽が出てきれいにカメラを飲み込むことができませんでした。

19
医院 和田

治療中断を防ぐために、段階をふんだ教育・実行可能な生活指導、必要にして十分な検査、接遇などに配慮している。 人間ドックの結果、胃に炎症が出ている可能性があるとのことで当病院を受診しました。

9
医院 和田

患者がそれほど多くなかったため、待ち時間も少なくすみました。 病院は国道からすぐのところにあり、アクセスは抜群でした。 略歴 昭和22年9月14日生 昭和49年:京都府立医科大学卒業 昭和49年:京都第一赤十字病院 内科研修医 昭和51年:京都第一赤十字病院 第一内科(糖尿病・内分泌科)医員 昭和63年:京都第一赤十字病院 第一内科 副部長 平成 6年:京都第一赤十字病院 第一内科 部長 平成10年 9月:京都第一赤十字病院 退職 平成10年10月:和田内科医院 開業 資格:日本内科学会認定医 日本糖尿病学会専門医。

12
医院 和田

それにより患者さんは病態が安定しているときには「かかりつけ医」に、急変した時などには地域中核病院に紹介受診されることになり、両方の病院を有機的連携により旨く受診していただくことが出来るようになりました。

7
医院 和田

医師の診断が終わり、胃カメラ検査を即日行うこととなりました。 糖尿病性細小血管障害や大血管障害の精査のため、さらに糖尿病患者の約3分の1に悪性腫瘍が合併するので、その早期発見のためにも近隣地域中核病院との連携を緊密にする。

8
医院 和田

この病院は検査設備が比較的個人病院のわりには揃っている感じでした。 また糖尿病診療向上を目的とした種々の学習会の幹事・世話人として、あるいは京都糖尿病医会事務局として糖尿病専門医・非専門医に情報発信を行なっています。 糖尿病性腎症の発症・進展防止のため食事指導や薬物療法、また動脈硬化症の発症・進展防止のため血圧・血清脂質の管理を診療テーマとする。

20
医院 和田

。 。

3
医院 和田