ドキドキ 文芸 部 考察。 『DDLC』真考察 空想と現実を越えて僕たちはMonikaに会いに行く【ドキドキ文芸部/Doki Doki Literature Club !】

文芸 考察 ドキドキ 部

と言った内容。

12
文芸 考察 ドキドキ 部

このゲームは基本的に、ストーリーを4周することで完結するようになっているが、同じようなストーリーを繰り返しながらも内容はどこか違っている。

17
文芸 考察 ドキドキ 部

前半部分。 かなり練った記事も書けたし、『DDLC』も遊び尽くしただろうと。 上記の赤&支配の因果関係を鑑みるにこのイラストもその辺を暗示しているのでしょう。

文芸 考察 ドキドキ 部

単に主人公を独占したいという嫉妬が動機ではなく、人間が持つもっと根源的な感情によるもので、ついつい共感してしまいます。 私も流れはすべてわかってるはずなのに、1周目の最後は嫌だし、2周目はゾクゾクしてしまった。 しかもそれだけでなく、余計なファイルが追加されている。

文芸 考察 ドキドキ 部

本来であれば無機質な人形への「性的搾取」で終わるはずだったものが、イニシアチブを奪われ、逆に搾取される側へ転落する恐怖。

3
文芸 考察 ドキドキ 部

言いがかりと思われますが、Dan. そんなとんでもない力を、一体いつモニカは手に入れたのか。 以前のセーブファイルはすべて削除されており、プレイヤーはしたボタンを選択して新たなゲームを開始する他なくなる(2周目)。 彼女の達の心の叫びと、プレイヤーの詩を通したインタラクションで、限界まで近づいた空想と現実が繋がったのだ。

6
文芸 考察 ドキドキ 部

そしてゲーム内の名前でなくてPCのユーザー名(本名)で呼ばれてすっっっっっっっっっっっっっっごくビビった。

9
文芸 考察 ドキドキ 部

会話の中で父親との問題を抱えているであろうこと、文芸部が非常に居心地の良い場所であったことなどはわかるが、彼女のことを深く知るすべはない。

2