タイトリスト アイアン。 タイトリストがT100、T200、T300アイアンを発表 AP時代が終焉

アイアン タイトリスト

見方によっては、マックスインパクトはスピード、一貫性、改良されたフィーリングという性能メリット全体にとって利点があり、タイトリストでもそのように考えているが、それはマックスインパクトの一要素に過ぎないようだ。 ゴルファーのレベルに合わせ、飛距離、操作性、打感に優れたアイアンセットを選びました。

アイアン タイトリスト

でも、グリップはまずまずの太さでした。 T100アイアンのセットは、ヘッドサイズにおいてAP2の3番アイアンからCBアイアン同様のピッチングウェッジのような良い流れがある。

18
アイアン タイトリスト

打点がブレるアマチュアゴルファーにとってタテの距離が狂うのは宿命ですが、「T200」がミスヒットに対する寛容性が高かった分、「T300」はそこをある程度犠牲にしても〝最大飛距離を取る〟という思想に感じました。 タイトリスト T100 タイトリストが不変のスピリットで生み出した「Tシリーズ」の上級者向けモデル タイトリストが開発した新しい飛びの進化系アイアン「Tシリーズ」。 【1】T400 番手とロフト角(度) 5:20 6:23 7:26 8:29 9:33 PW:38 W43:43 W49:49 W55:55 シリーズ史上最も飛距離を追求したモデル 「T400」は、フェースを薄肉に仕上げ、高い反発と余剰重量を生み出し、タングステンウェイトによる深く低い重量配分設計。

15
アイアン タイトリスト

打ってみると、ズシっと手に来る重厚な打感が味わえます。 球質は、直進性の高い高弾道。 ポケットキャビティアイアンはバックフェースを深く削り、加えてフェースの裏側も削りミスヒットへの許容度を最大限に高めたアイアンです。

19
アイアン タイトリスト

何球か打ってみてもだいたい同じで20yほど飛んでいます。 ヘッドが大きくなったことで、マックスインパクトコアも大きくする必要があるが、それ以外のポリマー素材などは同じで、T200同様にフェースセンターを外れたところに配されている。

18
アイアン タイトリスト

発売時期 フィティングは8月8日からスタートし、店頭では8月30日から発売される。

16
アイアン タイトリスト

つかまりはよりオートマチックにつかまるイメージなので、持ち球的にはフェード系のほうがより合いそうに感じました。 単に飛びだけでなく、よりスコアメイクを追求するコンセプトで、方向性や操作性、打感などを重視するゴルファーに、多くの選択肢を設けています。 これね、打ってみてびっくり!簡単に球があがります。

14