ジョーカー 映画 考察。 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察

考察 ジョーカー 映画

「その友人は、なるほど、アーサーはジョーカーじゃないんだね、と言ったんだよ。 映画ジョーカーの結末の意味は?妄想と現実が曖昧で起きる3つの効果 では、なぜ映画ジョーカーはこんな結末にしたのか? 3つの理由があると思います。 ジョーカーの片鱗を最初に見せたシーン 「まだアーサーではあるけれど、ジョーカーの片鱗を最初に見せたシーン」は、富裕層たちを射殺した後、 トイレで舞ったあのシーン。

18
考察 ジョーカー 映画

今まで遠いところでフィクションの犯罪をしていたジョーカーが、突然自分の街で暴れ始めたようなリアリティが出てきてしまった。 ということで、中盤で描かれた壁の色が黄色なのはおかしい、やはり全てジョーカーの妄想なんじゃないか、という気もします。

17
考察 ジョーカー 映画

実はアーサーはそのトーマスと母の間にできた 隠し子だったのです。 全く違った別角度からのジョーカーも見てみたい」 というのであれば、むしろ一見の価値ある作品です。

考察 ジョーカー 映画

わかりやすいのは、マーレイ()が司会を務めるTV番組を見ていると、アーサー自身もその番組に出演して喝さいを浴びる…というシーン。 この暴徒たちから逃れようとトーマス・ウェインと妻、子どもは路地裏に入るが、ピエロのお面を被った男に撃ち殺される。 ソフィーとの関係はアーサーの妄想だったのです。

6
考察 ジョーカー 映画

なお、映画『ジョーカー』の疑問について世界中で多くの観客が様々な解釈や考察を試みていることに関し、監督は否定も肯定もせず、「彼らが正しいかどうかは言わないが、いずれ僕たちが何を考え、何を意図してシナリオを書いたのか、 全て説明するつもりだ」と語っているそうです。 そこでマレーは「すべてを投げ捨ててでも君を息子にしたい」という発言をします。

1
考察 ジョーカー 映画

だから刺さる人には大爆笑なのですけど、受け付けない人は極寒のドン引きに。 世間は自分をのけ者にする、だから戦争を起こす。

8