パワーポイント 音声 再生。 スライド ショーをナレーションとスライド切り替えのタイミングとともに記録する

音声 再生 パワーポイント

除外するスライドを選び、[ 非表示スライドに設定] をクリックします。 記録を一時停止する:• 47MB」に容量が増えました。

7
音声 再生 パワーポイント

ウィンドウ左上にある [ 記録] ツールバーを使用して次の操作を行うことができます。 [ クリア] コマンドを使うと、必要のない、または置き換えたいタイミングやナレーションを、記録から削除できます。 54MB」サイズを圧縮できました。

8
音声 再生 パワーポイント

作成した「PPTファイル」を保存してファイル容量を確認したところ、音声ファイルの分だけ容量が増えていました。 タイミングとナレーションを指定する 2つ目は、スライドショーでスライドを切り替える際の タイミング 時間)とスライドに挿入した ナレーションの音声ファイルをビデオに変換するかどうかを指定します。

16
音声 再生 パワーポイント

もしくは、「挿入」タブの「ビデオ」ボタンをクリックすると、「オンラインビデオ」か「このコンピューター上のビデオ」かを選択できます。 先頭から録音を開始• このようなことを防ぐために、PowerPointのスライドをPDFファイル形式に変換して配布する場合が多いようです。 PowerPointそのものに問題が発生していないか まずは、以下の点をお試しください。

13
音声 再生 パワーポイント

Web 用 PowerPoint では、 ナレーションを記録することはできません。

音声 再生 パワーポイント

このとき、PowerPointのプレゼンテーションファイルをそのまま配布すると、ファイルの内容を書き換えられたり、ノートペインに入力した自分用のメモを含めて公開することになります。 動画が再生されないときは、サウンドを編集できるソフトを使って、動画のファイル形式を「」の項目の表に掲載した別のファイル形式に変換してみるなどの対応が必要です。 画像を変更するには、アイコンを選択した状態で「書式」タブの「図の変更」を選択します。

15
音声 再生 パワーポイント

以下のファイルをダウンロードしてください。 また、スピーカーアイコンを画像等に変更した場合は、それが表示されなくなるので注意してください。

20
音声 再生 パワーポイント

肉声に近い、自然な読み上げが可能です。 一瞬を捉えた静止画ではなく、動きのある動画をプレゼンに盛り込むと、聞き手の注目を集めることができるでしょう。 すると、任意のフォルダからダウンロードした動画ファイルを指定することができます。

17
音声 再生 パワーポイント

プレゼンの冒頭に動画を再生して聞き手を引き付けたり、聞き手が飽きてきそうな時間帯に動画を再生するなど、ここぞというポイントに限定して利用するといいでしょう。 次のスライドを表示するタイミングを、マウスをクリックしたときにするか、入力した秒数後に自動的に切り替わるようにするか、いずれか早い方にするには、[ クリック時] および [ 自動的に切り替え] チェック ボックスの両方をオンにします。