テセウス の 船 ネタバレ。 【犯人ネタバレ】ドラマ『テセウスの船』全話あらすじ・キャスト一覧

の 船 ネタバレ テセウス

金丸刑事まで、音臼村に捜査やってくるようになり、田村心は、ますます身動きが取りづらくなります。 翼の婚約者の紀子 芦名星 の働くメッキ工場から青酸カリが盗まれていることから、紀子が疑われます。 村の雰囲気も変わっており、人が住んでいるようだ。

11
の 船 ネタバレ テセウス

音臼小の校舎は、事件後に取り壊されて、今は更地となって慰霊碑だけが残っています。

8
の 船 ネタバレ テセウス

過去に戻れると知っているのは、由紀のノートを拾ったからだった。 みきおは記憶を失っておらず、自分が鈴のヒーローになるためには文吾が邪魔で、全ての罪を被せようとしたのでした。

3
の 船 ネタバレ テセウス

自宅に戻った文吾は、もう少年Aを捜していないと鈴にいう。

の 船 ネタバレ テセウス

「母さんは余計に頑張りすぎた」(佐々木紀子を殺害したこと)• 気を失っていた心が気づくと、なかったはずの校舎があった。 その中には、亡くなった心が映った写真があり、末っ子とそっくりでした。 馬淵はすぐ文吾のワープロを調べると、そこには犯行をほのめかす内容が。

16
の 船 ネタバレ テセウス

2017年(B)・・・1989年(B)から時続きの現代• 原作では北海道が現場。 そして、写真を見ると文吾をかばって 亡くなった心(竹内涼真)と末っ子の心がそっくりです! すると鈴は、末っ子の名前を「正義」にしようとしていたけど、お父さんが命の恩人と同じ名前にしたいからと「心」にしたと話します! その頃、心は同僚教師の岸田由紀(上野樹里)にランチに誘われて、その後、婚約者として家族に紹介しました。

19
の 船 ネタバレ テセウス

森清彦:加治将樹 金丸刑事の部下、仙南警察署刑事• その話にのった家族は、自分たちも何か宝物を入れようとなり、和子はカメラに思い出を撮り、心は、家系図を書いた紙と指輪を入れる。 「鍍金(ときん)」とは「メッキ」の事で、メッキ工場なら青酸カリがあるはずなので、田村心は思わず「青酸カリ」と口走ってしまう。 英雄・テセウスの乗った船を後世に受け継いでいくため、老朽化した部分を新しい部品へと置き換えていった。

の 船 ネタバレ テセウス

そして、突然の霧に包まれると、目の前に小学校が建っていて、事件が起こる直前の1989年(平成元年)にタイムスリップしていました。 音臼小学校があった場所は 慰霊碑が建てられていた。 事件の起こる少し前、1989年1月7日になっていたのです。

16
の 船 ネタバレ テセウス

鈴達がタイムカプセルに入れた自分の私物に対して、それぞれ懐かしく思っていると、心がタイムカプセルに入れた封筒を見つけた文吾は思わず手に取り、中身を確認する。 由紀は新聞記者として活動し、心と初対面(結婚していないので未来は存在しない)。