クソゲー オブ ザイヤー 2019。 メタスコア版クソゲーオブザイヤー(KOTY) 2019年ワーストゲームランキング

オブ ザイヤー 2019 クソゲー

このようにYK以外は総じてする事への「駄」をに問う作品が集い、その中でも物量をもって「内容が最も苦痛」と言わしめ、YKと較しても褒められる点が全くないとされたサイが初の大賞を勝ち取った。 ゲーム性もまた虚無そのものである。

9
オブ ザイヤー 2019 クソゲー

だがそれらを取り巻く描写は決して褒められたものでは無い。

2
オブ ザイヤー 2019 クソゲー

皆中身を持たぬのであれば、「その内容が最も苦痛」であればそれが一番のクソゲーと呼べるだろう。

2
オブ ザイヤー 2019 クソゲー

プレイヤーは主人公のパラメータを上げるにせよ、好感度を稼ぐにせよ、ただ日々を過ごすにせよ、 まるで変わり映えしない光景を無心で見つめ続けることになるのだ。 VGXは『ウォーキングデッド シーズン1 』、AIASは『風ノ旅ビト』、GDCとBAFTAは『Dishonored』、GJA 2012 は2011年発売の『スカイリム』が獲得しました。

オブ ザイヤー 2019 クソゲー

をにしたわけであるが、その操作性はあまりにも悪く、間違ったピースにはまるなども多く、挙句の果てには終了でが消滅するなど、「本物のをやった方が」であることを住人は思い知ったのだった。

オブ ザイヤー 2019 クソゲー

精度の低いGoogle翻訳の如く意味不明な文章と、原語の時点で稚拙な文章が融合した結果生まれたカオスが「はい!義母になる!」「記憶の中の匂いを掻いた」といった謎文章や突然男女が入れ替わる口調などに現れており、ヒロイン達との相互理解をより困難にする一因となっている。

7