デュロテップ mt パッチ。 デュロテップMTパッチ2.1mgの添付文書

Mt パッチ デュロテップ

[ヒトで母乳中へ移行することが報告されている。 妊娠中の本剤投与により、新生児に退薬症候がみられることがある。

Mt パッチ デュロテップ

持続投与 本剤の貼付開始後6時間まで継続して持続投与する。 絶対に2回分を一度に使用してはいけません。

4
Mt パッチ デュロテップ

このとき急に中止すると、いらいら、強い不安感、不眠、ふるえ、けいれん、混乱、幻覚など思わぬ症状があらわれることがある(徐々に減量すれば大丈夫)。 鎮痛効果が十分得られない場合は、追加投与 レスキュー されたオピオイド鎮痛剤の1日投与量及び疼痛程度を考慮し、2. 3日間用量調整ができないと考えるよりは、72時間血中濃度を維持できると考えています。 事例34• (小児等への投与) 小児等に対する安全性は確立されていない(使用経験がない)。

Mt パッチ デュロテップ

昔と比べ、痛みに対する理解が深まり、その治療も系統的にきちんと行われるようになりました。 いつもと違う「おかしいな」と感じたら早めに受診してください。

2
Mt パッチ デュロテップ

2.処置:過量投与時には次の治療を行うことが望ましい。

Mt パッチ デュロテップ

万一付着に気付いたときは、直ちに剥離し、付着部位を水で洗い流し、異常が認められた場合は受診してください。 心配し過ぎず、鎮痛効果が十分得られる必要最小量を用いることが大切です。 フェントスとデュロテップ フェンタニルの貼付剤「デュロテップMTパッチ」と「フェントステープ」。

Mt パッチ デュロテップ

2.慢性疼痛の原因となる器質的病変、心理的・社会的要因、依存リスクを含めた包括的な診断を行い、本剤の投与の適否を慎重に判断する。