龍 玄 とし ブログ。 龍玄とし(Toshl)の踏み出す力がつくった運命、「新しいToshl」と新しい出会い

玄 ブログ 龍 とし

絵画展のタイトルは「龍玄とし EXHIBITION 運命 音の世界を、描く」で、記事によると、としさんは「新作を含め、金沢ならではの雰囲気を醸し出したい」と意欲を示したとのことです。 この出来事がToshlのプライドを相当傷つけ、絶望させただろう。

17
玄 ブログ 龍 とし

ホームオブハートのトップであった MASAYAという男性がトシを洗脳していった話は有名ですね。 毎年、オテル・ドゥ・ミクニで開催し、すっかりお正月恒例となった「あけおめライブ」で熱唱するToshl。 作品「艶」はさらに羽生結弦選手そのもの!? マスカレイド展にある「艶」と言われる作品があります。

20
玄 ブログ 龍 とし

その前に宣伝VIDEOを作るためにリハーサルをするが、何度もNGを出し続けたマエストロ原田慶太楼さんと龍玄とし(Toshl)? 御本人も「 強そうな名前がいい」とおっしゃっていますが、 龍も虎も入っていて本当に縁起が良さそうな名前です。

6
玄 ブログ 龍 とし

特にここ数年は、バラエティ番組への出演だけでなく、CM、カバーアルバム、さらに2019年9月からは上野の森美術館で初の個展を開くなど、ボーカリストとしてだけでなく、マルチな才能を発揮しているToshl。

13
玄 ブログ 龍 とし

実はいまも小説を書いたり、絵を描き始めたりしてるんです。 しかしファンからするとなぜToshl名義ではなく、わざわざ「龍玄とし」にソロ名義を変えたのか?ソロでもX JAPANの「Toshl」と名乗ったほうが知名度も圧倒的で一見すると合理的な判断に思えるが、それでもToshlはあっさりとソロ名義を「龍玄とし」に変えた。 いろいろな経験を経て、本当の自分と向き合うことができるようになったトシさんは、これからまた前に向かって進んでいくときに、 toshiではない自分でありたい、と思ったように感じました。

16
玄 ブログ 龍 とし

TAIJIが久しぶりに帰ってこれるようにYOSHIKIとの間を取り持ってくれたのも、Toshl。

玄 ブログ 龍 とし

このことを知った時、私はショックだった。 しかも、金沢市からバックアップを得たため、プロジェクト運命第四弾の石川県立音楽堂でのコンサートは、文化庁の主催する音楽イベントして行われるということ。 それに、最近はXJapanとしてのライブをそれほど頻繁にやっていないため、X JAPANのライブ活動としての収入、つまり、利益をイベンターとYOSHIKIの会社で分けてさらにXJapanのメンバー間で分配したら、ビッグアーティストになったToshlが受け取って満足できるような金額にならないだろう。

4
玄 ブログ 龍 とし

「運命共同体」という言葉を創ったのもToshl。

玄 ブログ 龍 とし

この4件も「龍玄とし」の立場で書かれている。

5