二 硫化 炭素。 二硫化炭素

炭素 二 硫化

火元への燃焼源を断ち、消火剤を使用して消火する。 接触、吸入又は飲み込んではならない。 化繊関連企業の中に働く人たちの中で、協力をしてくれる人たちの存在は貴重でした。

18
炭素 二 硫化

ミスト、蒸気、スプレーを吸入しないこと。 ) 主な用途:ゴムの加硫作業等(キーワードは ゴム) 漏洩時の措置: 水で覆う、 水を入れて密栓( 水封後密栓) 以上、二硫化炭素の暗記リストです。

炭素 二 硫化

【保管】 容器を密閉して涼しく換気の良いところで施錠して保管すること。 局所排気・全体換気: 「8.ばく露防止及び保護措置」に記載の局所排気、全体換気を行なう。 日本における法規制については下記の通り。

炭素 二 硫化

予想される急性症状及び遅発性症状: 眼・皮膚・粘膜の刺激、眼・皮膚の発赤、結膜・角膜の炎症、錯乱、めまい、し眠、頭痛、吐き気、息切れ、嘔吐、脱力感、幻覚、化学性肺炎、意識喪失。

炭素 二 硫化

危険物は当該危険物が転落し、又は危険物を収納した運搬容器が落下し、転倒もしくは破損しないように積載すること。 消火を行う者の保護: 消火作業の際は、適切な空気呼吸器、化学用保護衣を着用する。 3 計画停止のためプラント内の二硫化炭素を回収中、バルブを遠隔操作で開放した際に臨時に取り付けたビニール製レベルゲージホースが破裂して二硫化炭素が漏洩し、近くにあった蒸気配管の熱により発火、火災となった。

12
炭素 二 硫化

宇治市は、ユニチカの企業城下町と呼ばれるほどの場所であり、ユニチカ相手に奪われた健康を取り戻す闘いに立ち上がることは容易なことではありませんでした。 5 電気設備は防爆構造とする。 については否定的な報告が多いが肯定的な報告もあって明確に判断できない。

炭素 二 硫化

16.その他の情報 1 Merck 13th, 2001 2 NEPA 13th, 2001 3 CICAD 46 2006 4 Lide 84th, 2003 5 ICSC 2003 6 HSDB Access on Oct 2005 7 RTECS 2004 8 SRC:HenryWin 2005 9 ICSC J 2000 10 NTP DB Access on Dec 2005 11 IARC 1987 12 ACGIH 7th, 2001 13 CERI・NITE有害性評価書 No. 眼の保護具 安全ゴーグル、顔面シールド、又は眼用保護具を併用する。

17
炭素 二 硫化

に硫黄原子が直線状に結合しており、との中間の等電子体であると考えられる。 関係者以外の立入りを禁止する。 大衆的裁判闘争 裁判では、会社が「完全に安全性の管理をするのは不可能」、「この程度のガス濃度では発症しないと思っていた」として徹底的に責任を争ってきたため、それを覆すのに大きな労力が注がれました。

1
炭素 二 硫化

13 中枢神経系の障害(区分1) 心臓の障害のおそれ(区分2) 呼吸器への刺激のおそれ(区分3) 眠気又はめまいのおそれ(区分3) 特定標的臓器・全身毒性 (反復ばく露): ヒトで、多発性神経障害、大脳のアテローム性動脈硬化症 、大脳の萎縮、大脳の局所的な血流量の不均衡 、皮質萎縮、基底核及び放射冠に小梗塞巣が疑われる多発性の病変 、オリーブ核-橋-小脳の萎縮、末梢神経伝導速度の遅延及び活動電位の低下、虚血性心疾患、心筋梗塞、結節性糸球体硬化、びまん性糸球体硬化、係蹄、ボウマン嚢及び遠位尿細管等の基底膜肥厚がみられた。 環境への放出を避けること。

13