アシックス エボ ライド。 ランナーの足運びの変化をリアルタイムでフィードバックするスマートシューズ「EVORIDE ORPHE」 クラウドファンディングサイト「Makuake」で先行予約販売スタート

ライド アシックス エボ

どちらが楽に走れるか• ってことで、僕のような初心者ランナーが EVORIDEを履いて走るとどうなるのか、 満足いく点をあげていきたいと思います。 そして2020年2月にはシリーズ第3弾目となる「」が発売されました。

ライド アシックス エボ

このシリーズが気になっているランナーにとって、この3種類の違いが気になりますよね。 。

15
ライド アシックス エボ

足の甲周りのフィット感が気になるけど、果たしてどうだろうか? かかとは細い。

10
ライド アシックス エボ

EVORIDEの広告コピーは 「前へ!楽に!」。

ライド アシックス エボ

まぁ、こればっかりは趣味があるので 強く主張・オススメできませんが、 自分の場合、普段走るウェアのカラーリングが EVORIDEのカラーリングに近いのも決め手でした。 だがエボライドを前にすればそのクッション性は霞むばかりである。 エボライドもボストンも一番反発を感じるのはキロ4分~5分。

ライド アシックス エボ

同じくAHARを搭載したライトレーサーTSは1,000kmどころか2,000kmでも使えてしまう。 (私は楽天にて8100円で購入しました) このコスパはさすがアシックスです。

ライド アシックス エボ

速く走りたいならライトレーサー• GT2000とは歴史が違うわけで、アシックスも市場評価定まっていない状況でいきなり多モデル対応とか金かけられないか。

4
ライド アシックス エボ

一方でエボライドは FLYTE FOAM PROPELのワンピース構造となっており、サポート機能を削ることで軽量化しています。

11