ジョージア ガイド ストーン と は。 アングロサクソン ミッションから学ぶジョージア・ガイドストーンとは

は と ガイド ジョージア ストーン

ジョージア・ガイドストーンが作られた1980年頃も、50億人に迫る人口だったはずです。 スペイン語• 用公正的法律及法庭來保障人民與國家• そして、石板の一番最初のメッセージで、 「大自然と永遠に共存し、人類は5億人以下を維持する」 の一文です。 4方向(北東、南東、南西、北西方向)へ突き出した長方形が石板を表し、その2つの長辺に沿ってそれぞれのガイドライン表記で用いられた8つの現代言語の名称が刻まれている。

10
は と ガイド ジョージア ストーン

8種類の異なる言語で記述されたメッセージは、4つの石板の両面にそれぞれの言語ごとに記されています。 クリスチャン人物の名前、偽名であると言う事が正式にモニュメント自体にも記載されています。 人類削減計画は魂の段階や格を上げ肉体を捨て、他惑星の援助を早くするためなのではないのか?肉体があるのは魂を完全に磨き尽くすまでといわれている。

は と ガイド ジョージア ストーン

クリスチャン」と名乗る人物がモニュメントの制作を依頼しに来ました。 オリンピックから日本では5Gがスタートします。 人類への最終兵器です。

4
は と ガイド ジョージア ストーン

あるいは、「今宵、〇〇美術館に展示される宝石を頂きに参上します」など、近接した未来に対する犯行予告となるのが自然です。

5
は と ガイド ジョージア ストーン

Maintain humanity under 500,000,000 in perpetual balance with nature. 世界情勢、気候変動、エリート層の動きや言動などをより注視することで、 2026年へ向けての線が見えてくるのかもしれない。 大自然と永遠に共存し、人類は5億人以下を維持する 健康性と多様性の向上で、再産を知性のうちに導く 新しい生きた言葉で人類を団結させる 熱情・信仰・伝統・そして万物を、沈着なる理性で統制する 公正な法律と正義の法廷で、人々と国家を保護する 外部との紛争は世界法廷が解決するよう、総ての国家を内部から規定する 狭量な法律や無駄な役人を廃す 社会的義務で個人的権利の平衡をとる 無限の調和を求める真・美・愛を賛える 地球の癌にならない — 自然の為の余地を残すこと — 自然の為の余地を残すこと 実際には日本語では石に刻まれてはいません。 その他に今回の記事では『ジョージア・ガイドストーン』『アルバート・パイク』『2026年』について紹介している。

5
は と ガイド ジョージア ストーン

大自然と永遠に共存し、人類は5億人以下を維持する• 今は忙しかった毎日を少し休憩し、ブログを書きながら日々ゆったり生きています。

10
は と ガイド ジョージア ストーン

元々は別記事で紹介している、関さんの動画を考察する過程で知り得たものなのだが、これから紹介するワードを2020年以降の世界情勢と照らし合わせてみて欲しい。 この土地を購入した事でジョージアガイドストーンの未来は決まりました。 世界の 8つの言語で書かれていて、気になる文章の内容はと言うと、• 「外部との紛争は世界法廷が解決するよう、総ての国家を内部から規定する」なんかはどう思いますか? これって最近すこし話題なった、「世界政府」のことなんですかね? 「狭量な法律や無駄な役人を廃す」はこれはぜひともやっていただきたい。

20
は と ガイド ジョージア ストーン

この時のマーティンは彼の話が本当なのかどうか半信半疑だったそうです。 今までも、そのような動きが幾つかあったのですが、度々阻止されているそうです。 でも一番ビックリなのは石碑に日本語が彫られてない意味です。

は と ガイド ジョージア ストーン

これらによれば、今はまだ序章にすぎないことになる。 ヒンドゥー語• 再生速度を1. Be not a cancer on the earth — Leave room for nature — Leave room for nature. クリスチャンと名乗る人物を探っていくと、建てられた場所がエルバートという地域にあり、このエルバートという名前はサミュエル・エルバートと呼ばれる人らしく、ジョージア州の知事で、フリーメーソンのグランドマスターだったらしいのです。 石碑に刻まれたメッセージを解読すると、そ のように言われていることに納得してしまい ます。