主 よ 人 の 望み の 喜び よ。 主よ人の望みの喜びよ バッハ 解説と試聴

人 望み の の 主 よ よ 喜び

バッハは、、、、、、によるカンタータ『』の第6曲と第10曲を作曲した。

人 望み の の 主 よ よ 喜び

なので、原曲のタイトルもバッハが意図して付けたわけではありません。

3
人 望み の の 主 よ よ 喜び

ご存知の通り、マニフィカトは多くの作曲家の手によって作曲されており、音楽とも縁の深い祝日であると言えよう。 ()のベースラインにこの曲の旋律が使われている。

15
人 望み の の 主 よ よ 喜び

英語資料集• 第1部 [ ] 第1曲 合唱「心と口と行いと生活で」 [ ] ,4分の6拍子 心と口と行いと生き方で、イエス・キリストを証ししなさい。

13
人 望み の の 主 よ よ 喜び

第2部 [ ] 第7曲 アリア「助け給え、イエスよ」 [ ] ヘ長調,4分の3拍子 イエス様。

人 望み の の 主 よ よ 喜び

ドイツ語-日本語対訳 カンタータ対訳集 - バッハの教会カンタータを聞く• アリアや冒頭合唱などは、宮廷詩人ザロモン・フランクのようです。 一方で、「主は、いと高き所から御手を伸べて……私を大水から引き上げられた」 16節 と記されます。 作品番号はBWV147。

人 望み の の 主 よ よ 喜び

主よ、人の望みの喜びよとは、のである。 "Jesu, Joy of Man's Desiring", Oxford Dictionary of Music, Oxford University Press• その一方でもとの旋律のもっていた8行の構成(繰り返しを含めて)は忠実に守られて、明確な調構造が与えられている(AABA形式)。

13