メグロ k3。 カワサキが〈メグロ〉グッズの展開を発表! 新型車「メグロK3」の誕生を記念してTシャツとキャップを発売【2021速報】

K3 メグロ

モーターサイクルの普遍的な美しさを表現したとアピールされる。

14
K3 メグロ

マフラー、スロットルボディカバー、エアクリーナー入口のリング、チェーンカバー、フューエルタンクキャップ、前後ターンシグナルランプボディ、テールランプボディ。 現在は生産終了になっていることから、新たにメグロブランドで復活してもおかしくはない。

16
K3 メグロ

発表前、極秘でおこなわれたプロモーション撮影で、戦中の疎開以降、目黒製作所が拠点とした栃木県那須烏山市へ行くと、新型車両はすぐに見つかり、多くのメグロファンに取り囲まれたという。 インジケーターは、ETCインジケーター、燃料残量警告灯、ニュートラルインジケータなどを表示します。 その500メグロK2以来、55年ぶりのニューモデルとなるメグロK3は、直接的な子孫ともいえるW800からの原点回帰モデルとして登場する。

7
K3 メグロ

ゆったりとしたハンドリングで、 快適で直進での安定感のある走りに貢献しています。 銀鏡塗装は、メッキとは光の反射率が異なり、強い光ではくっきり反射し曇天では深みのある発色になるのが特徴。 またホイールリムは、軽快さを印象づけるシルバーアルマイト。

15
K3 メグロ

その後、経営不振に陥り、1964年に川崎航空機工業が吸収。

2
K3 メグロ

また、シート高はW800と同じ790mmだが全幅はW800ストリートと同じ925mm。 それは今のカワサキの礎を築いたレガシー 遺産 であり、日本初の大型スポーツバイクメーカーへのリスペクトの念なのだ。 そのほか、グリップヒーター、センタースタンド、ETC車載器、ヘルメットロックを標準装備する。

15
K3 メグロ

・価格には二輪車リサイクル費用が含まれます。

19
K3 メグロ

0車載器、グリップヒーター、センタースタンド、ヘルメットロック カラー. ステンレス製のメーターベゼルは黒色酸化被膜処理を施している。 大排気量で高性能、高品質な製品で知られたが、川崎航空機工業(現在の川崎重工)との統合(1964年)により、メグロブランドは消滅。

7
K3 メグロ

深みのあるエボニーを基調に、フロントフェンダーや、リヤサスペンションカバーなど、各部に艶ありブラック塗装。 大排気量車を生産する数少ない国産メーカーとして戦前戦後を通して官庁に白バイを納入し、1964年(昭和39年)の東京オリンピックでも先導車として活躍。

3