香典 を 送る。 お悔やみの手紙の書き方・お悔やみ状|例文・後日・封筒・便箋・親戚・香典・返信

を 送る 香典

喪主の自宅へ郵送する場合、葬儀前後は遺族が忙しくしているため、葬儀2〜3日後から1周間以内に到着するように郵送します。 本来であればすぐにでも弔問にお伺いしたいところですが、遠方につき略儀ながら書中をもちましてお悔やみを申し上げます。 郵便局に行くと、香典袋が入る少し大きめのサイズの封筒が用意されています。

18
を 送る 香典

無理に理由を書く必要はありませんが、「遠方につきままなりません」などは良く使われるフレーズです。 同様の意味であっても「生きていた頃」を「お元気だった頃」、「死ぬ」を「ご逝去」といった表現に変えて使用するようにします。

11
を 送る 香典

また、不祝儀なので、お札の顔は裏を向けることを忘れないように。 ただし、薄墨で書くのは亡くなった後から四十九日の間と言われています。

を 送る 香典

水引きの色は宗教や宗派によって異なりますが、 〜3万円までは 黒白、 それ以上の額は 双銀のものを使うのが一般的です。

15
を 送る 香典

友人や知人の親・兄弟が亡くなった場合 友人や知人の祖父母・父・母・兄弟などが亡くなった場合で、喪主とは全く面識がない場合、 「 宛名」は「 友人・知人の名前」にしても問題ありません。

18
を 送る 香典

「御霊前」という表書きは宗教を問わずに使えるとされていますが、蓮の絵が付いているものだけは、仏教専用の熨斗袋なので、神式の葬儀には用いないように注意してください。

を 送る 香典

お力落としのことと存じますが、どうか、お気持ちを強く持ってご自愛くださいますようお祈り申し上げます。

12
を 送る 香典

手書きがいいの? 字を書くのが苦手な人もいるかと思います。 最近では遺族が見やすいようになどの理由で金額を表面に書く人も多いようです。

1
を 送る 香典

事前に遺族に確認を取りましょう。 。 不祝儀袋の表と中袋両方に、必要なことを記入するようにしましょう。

15