所為 読み方。 「所以」の意味や読み方!「◯◯たる所以」とは?使い方を解説!|語彙力.com

読み方 所為

漢文では、 「所以」の代わりに「所為」が使われることがあります。

読み方 所為

「所為」は主にネガティブな出来事やものごとに使われる言葉で、 「行い」「しわざ」という意味です。 それは 「所謂」が常用漢字ではないためです。 まとめ 「諱」の画数・部首・書き順・読み方・意味について、もう一度おさらいする。

7
読み方 所為

「彼は昨年の成績が認められ経営戦略部に異動になった、所謂出世街道に乗ったわけだ」• 「所為」はそれが原因でこうなった、という意味の言葉でしたね。 「所謂」は読もうとすると、どうしても「いわゆる」が思い浮かびにくいので、「いわゆる」と無条件に覚えてしまった方が良いのかもしれません。

14
読み方 所為

2.「所以」の使い方と例文 次に「所以」の使い方を解説していきます。 諡 オクリナ。 似た由来の言葉としては「所信(信ずるところ)」「所感(感じるところ)」といった熟語もあります。

16
読み方 所為

そこが彼が愛妻家であると言われている所以だ。

13
読み方 所為

漢文の「所謂」は、「謂う所の」と読み「世間が言っている所の」という意味になります。 「私は自分の所為(しょい)を反省しなければならない」「彼はすぐに人の所為(せい)にする癖がある」などと使われ、「所謂」とは意味や使い方が異なるので混同しないようにしましょう。

8
読み方 所為

「所以」は漢文からきている言葉であるとされています。 「悪口」も「雑言」と同じ意味合いのため、「悪口雑言」と類似した語を2つ重なることで、より意味を強調する四字熟語になっています。

11
読み方 所為

ただし、「所為」はトータル的な責任を表しますが、「仕業」はやや具体的な責任を表します。

5
読み方 所為

「為」は「行う・なす・する」を意味します。 「俗に言う」の「俗」とは、「一般」「一般的」という意味です、そのため 「俗に言う」は「一般的にみんなが言っていること」という意味で使うことができます。

11