ハンター ハンター ジャイロ。 【ハンターハンター】新アニメ版HUNTER×HUNTERのジャイロの回想シーンが原作超えをしていると大絶賛

ジャイロ ハンター ハンター

ハンターハンターの世界を牛耳る黒幕• しかしその活動の裏では、NGLが造った工場で違法薬物である「D2(ディーディー)」を内密に製造しており、その目的は「世界中に悪意をばら撒きたい」という願望を持っていたためでした。

9
ジャイロ ハンター ハンター

っが、キメラアント編でヒナ、ウェルフィン、ビゼフの3名はジャイロを探してあそこへ向かっているんです 流星街 つまり、、、 この流れを見る限りではジャイロが向かった先は 流星街である可能性が非常に高いと思います。

11
ジャイロ ハンター ハンター

そのような気持ちをジャイロが抱いていたとしても不思議ではなく、麻薬によって言動をコントロールし世界中を支配しようと考えていると予想できるのです。 ジャイロとパリストン、この2人がタッグを組んで、悪だくみを行っているという予想も出てきています! パリストンは言わずと知れた、ネテロ会長時代のハンター協会副会長です。

18
ジャイロ ハンター ハンター

ラスボス説まであるジャイロは何者で正体って誰なのか?と思っている人もいるかと思います。 出会いの仕方によって、ストーリーは大きく変わりそうです。

15
ジャイロ ハンター ハンター

こういった部分に、 今までのリーダー達とは違う気質を感じました。 そこまでして組織を拡大しようとした目的は、どこにあるのでしょうか? ジャイロは世界中に悪意をばらまきたいとの願いを持ち、NGLに造った秘密工場で麻薬を製造していました。

19
ジャイロ ハンター ハンター

キメラアントとして生まれ変わるジャイロ ただジャイロのNGLでの栄華も長くは続かず。 植物兵器。

3
ジャイロ ハンター ハンター

(もしも念の呪いであれば、除念という可能性がありますが、それはなさそう) 念では説明できないナニカの存在。 ゴンと出会うことなく消えたのが、その後幸運だったか否か、というくだりは、後々ゴンと出会う伏線にちがいありませんから、長い目で待つとしましょう。 そして ナンバー2くらいならすぐかと思っていた、という言葉から、ナンバー1「クロロ」を目標にしていることが分かります。

13
ジャイロ ハンター ハンター

その後の行方 ジャイロは一度ゴンとキルアがナックルとシュートを倒すためにビスケに修行をしてもらっていた街でニアミスをしていますが、その後の行方はわからない状態でした。 封じられし滅却師の王は900年を経て鼓動を取り戻し、90年を経て理知を取り戻し、9年を経て力を取り戻し、9日間を以って世界を取り戻す 引用:BLEACH=ブリーチ= 61巻より 何かの意味がある数値をベースに元ネタがあるのだと思いますが謎につつまれています。 結局ジャイロはゴンと出合うことなく~中略~それが互いにとっての幸運だったのか否かは2人が出合うまで分からない という記述があります: コミックス20巻収録 これは素直に将来的にゴンがジャイロと会う可能性を示唆していると考えるのが正解でしょう。

2
ジャイロ ハンター ハンター

またののように半ば鎖国国家であったため、各国はNGLの正体を知らないままだった。 」という心理描写は作品全体に掛かった冨樫義博先生の祈りや想いや信念がセリフになってそうな気がしています。 閉鎖的な国だから。

6