暮し の 手帖。 暮しの手帖とは

手帖 暮し の

レシピを考案したのは、和のお弁当と仕出し料理で人気の料理人・後藤しおりさんです。 花森は『暮しの手帖』誌上で、ユーモアを交えつつ、誰にでもわかりやすい文章で、今起きている危機をつまびらかにしました。

手帖 暮し の

発行は「暮しの手帖社」。 「庶民の暮らし」に常に寄り添い、「広告を入れないこと」やレシピ・手芸・工作など「全品試作・実証」のスタイルを貫き続けています。 2s;width:60px;height:60px;line-height:60px;text-align:center;font-size:2. 新編集長の北川史織は、2010年に暮しの手帖社入社後、数多くの本誌記事や別冊を担当し、2017年からは副編集長として、『暮しの手帖』を支えてきました。

4
手帖 暮し の

花森氏と神戸のつながり、その軌跡をたどります。

8
手帖 暮し の

野菜だけでつくるのに、驚くほどコクの深いおいしさに仕上がる秘けつは、「塩使い」にあります。

7
手帖 暮し の

「考えの整とん」• 宮古さんは、『Coyote』『MONKEY』のADを務め、書籍の装丁も多数手がける、「読みやすいデザイン」で定評のあるデザイナーです。 第2集となる本書は、東京から神戸へ、そしてひとり暮らしへと、大きな変化を迎えつつ綴ったエッセイのなかに、手軽なのにとても魅力的な、すぐに献立に取り入れたくなる120品あまりのレシピがぎっしり。

3
手帖 暮し の

戦争はいやだ。

4
手帖 暮し の

二度と戦争を起こさない世の中にするために。

15
手帖 暮し の

この年、6-7月号では前身の『スタイルブック創刊号 1946夏』復刻版が、8-9月号では『美しい暮しの手帖』創刊号のよりぬき復刻版が、続けて特別付録となった。 二度と戦争を起こさない世の中にするために。 この「100号毎に新世紀を迎える」独自の号数呼称は、初代編集長・花森安治の発案であり、「初心に立ちかえって、フレッシュな気持で、これからの号を作ってゆくために」「つまり、もっと〈よい雑誌〉にしたい」という意志が込められたもの。

12
手帖 暮し の

カバーを外して洗える作り。

13