ノストラダムス 予言 コロナ。 “バルカン半島のノストラダムス”がまた予言的中!?「トランプ大統領コロナ感染も当てた!」と騒動

コロナ ノストラダムス 予言

中国ではこうした話題は「社会不安を助長させる」という理由から、SNSなどで語り合うのが法的に禁じられているが、台湾などでは話題になっている。 それはファンとしてはドキドキしちゃいます。 11のワールド・トレード・センタービルの事件を的中させていたとされます。

コロナ ノストラダムス 予言

しかし、ノストラダムスの予言では2038年にも人類滅亡の危機が存在するとも解釈できます。

10
コロナ ノストラダムス 予言

画像は「」より引用 あの大預言者ノストラダムスが「 新型コロナウイルスを 予言していた」と海外でニュースになっていた。 また、人類は最終的にワクチンを開発するかもしれないが、今後、また別の種類のウイルスがやって来て、どんな抗生物質も効かないスーパーバグ(超多剤耐性菌)が現れるとも語っています。 このことからも、動物が感染源であることが濃厚だと思われます。

5
コロナ ノストラダムス 予言

また新たなウイルスが出現するとは思わないが、今年のことを考えると、社会が大袈裟に反応するだろうことは想像に難くない. 戦争を続けるとされている「ふたつの巨石」はアメリカとロシア、もしくはアメリカと北朝鮮を指しているのではないかともいわれています。 私はもっぱらこの考え方を持っています。

3
コロナ ノストラダムス 予言

笑 ちなみに、ノストラダムス本人は当然<1>を主張しています。 現在も恐るべきスピードで感染が拡大しており、2020年1月31日にはWHOが「国際緊急事態」を宣言、2月3日には死者がSARSを超えたことが発表されるなど、いまだ収束への出口が見つからない状況である。

コロナ ノストラダムス 予言

それは肺や気管支を傷めつけるもので、既知の治療法が通用しない。

12
コロナ ノストラダムス 予言

これは、一帯一路構想や覇権主義で世界を手中に収めようとする中国の姿と重なる。 「双子の年、東方に生まれた女王がやってきて、夜の闇の中で7つの丘の国に疫病を撒き散らし、人々の黄昏を塵に変え、世界を廃墟と化すだろう」 双子の年=2020年 東方=中国 7つの丘の国=イタリア というわけで、これを見ると「ノストラダムスってやっぱりすごい!」と思ってしまいました。

9