ウルフル ケイスケ。 ウルフルケイスケの現在!脱退理由とその後【ウルフルズ】

ケイスケ ウルフル

(シングルバージョン) (作詞・作曲:トータス松本 編曲:ウルフルズ・太田要) 13thシングル。 しかしウルフルズ自体、解散していなく再び復活するはずなのでウルフルズの復活に期待したいです。

5
ケイスケ ウルフル

(作詞:トータス松本・伊藤銀次 作曲:トータス松本 編曲:ウルフルズ・伊藤銀次) 6thシングル 本作には3rdアルバム『』収録のアルバムバージョンで収録。 (作詞・作曲:トータス松本 編曲:ウルフルズ・) 19thシングル 本作にはシングルバージョンで収録。

9
ケイスケ ウルフル

ベストアルバム初収録• 主な個人活動 [ ] ラジオ [ ]• キャパは50名と伺っていたのですが・・・。 また今回のウルフルケイスケさんのことを調査してみてわかったのが ファンのみなさんが本当に温かい人達ばかりだな〜。

11
ケイスケ ウルフル

2012年• ステージ脇の階段を降りると楽屋へつながっています。 コロナのことがあって、どうしようかなって思ったんですが、やっぱりこれがないと始まらない!と思ってやることにしました」来年の1月16日(土)〜2月7日(日)に開催されます。

13
ケイスケ ウルフル

もちろんソロに活動についてトータス松本さんと話し合いを何度もしたようで、インタビューの中でトータス松本さんはこのように話しています。 本作には9thアルバム『9』収録のフルバージョンで収録。

14
ケイスケ ウルフル

2015年• 1988年、大阪・中津のインド喫茶「カンテ・グランデ」(通称:カンテG)で共にアルバイトをしていたらとを結成。 その事からもウルフルケイスケさんの不安が大きくなりソロ活動に絞ったほうが将来性がまだあるのでは? と考えウルフルケイスケさん活動休止してソロ活動に専念したのと考えるのが妥当なのかなと思います。 グループ名の 「ウルフルズ」は狼のウルフに関係がありそうですが、実はLPレコードのジャケットの帯に書いてあった「ソウルフル」が改行されて「ウルフル」と見えたのが由来らしく、 名前については特に意味が無いのは有名な話だそうです 笑 1990年6月に東京で初ライブを開催し、1992年5月に シングル「やぶれかぶれ」でデビューしました。