ニス 塗り 方。 はじめてのDIYでこれだけは抑えておきたいニスの塗り方と選び方まとめ

方 ニス 塗り

乾かす時は刷毛の部分を上向きにして乾かしてあげることで刷毛の先端が固まりにくいです。

方 ニス 塗り

商品によって多少違いがありますが、室外のウッドデッキや木材に使用できます。 木目方向に塗る 木材に塗装をする時は木目方向にハケを動かします。 なのでここからは、ニスを上手に塗る塗り方について詳しく説明していきます。

2
方 ニス 塗り

今回使った水性ウレタンニスはこちらです。

11
方 ニス 塗り

使い終わった刷毛や容器も、水で洗うことができますよ。 広い面を塗るときは ニス塗りにはローラーは不向きです。 では、ここからは実際にニスを塗るときのポイントについて、詳しく説明していきます。

方 ニス 塗り

あとしまつ ハケのあとしまつ 塗装終了後はただちに塗装用具に付いている塗料をヘラや新聞紙に塗りつけて落とし、水性なら水、油性ならペイントうすめ液で下洗いします。 塗料に適したうすめ液を使う 油性のウレタンニスはうすめ液で濃度を調整、アクリル(水性)のニス・水性ウレタンニスは水で薄めて調整しましょう。 水道水でハケを揉むように洗ってあげます。

方 ニス 塗り

・ニスを入れる容器 どのようなものでも良いです。 ラッカーニス 油性溶剤よりも強くて揮発性の高い溶剤です。 スタッフ一同、お客様にご満足頂けるよう対応を心がけ、ご利用を心からお待ち申し上げております。

13
方 ニス 塗り

色が濃すぎる場合はクリヤー(水性フローリング用ニス)で薄めることも可能です。 カラーニスは手軽なリメイクにも最適な塗料です。 ちょっとした塗装や小さいものはこの水性ニスで充分でしょう。

方 ニス 塗り

メリットとしては、手軽に塗ることができて、匂いも少なく、ムラが出にくいということがあります。

5