茅の輪 くぐり 京都。 茅の輪(ちのわ)くぐりのご案内

くぐり 京都 茅の輪

同神社の茅の輪は祇園祭を締めくくる神事「夏越祭(なごしさい)」で境内の「疫(えき)神社」の前にしつらえられる。 ところで、茅などの植物は、 しめ縄にも用いられています。

15
くぐり 京都 茅の輪

6月30日午後3時~の夏越大祓式では、拝殿で百度祓と大祓式が行われた後、神職が参列者とともに茅の輪くぐりを行う。

くぐり 京都 茅の輪

妙泉寺の茅の輪くぐりは半年間の穢れを祓い清めるほかに、暑気払いや厄除けの効果があると言われています。 京都の多くの神社では6月30日に行われています。

10
くぐり 京都 茅の輪

特技はお箏の演奏。 混雑している場合などは、一回通り抜けるだけということもあります。 神社で、この「茅の輪」を見かけたことはありませんか? 「茅の輪って何なんだろう?」「くぐるみたいだけれど作法とかはあるんだろうか?」と思った方もいるかもしれません。

1
くぐり 京都 茅の輪

氷川神社の茅の輪くぐりは、まず茅の輪に吊り下げられた人形に触れてから茅の輪をくぐります。

17
くぐり 京都 茅の輪

本来、茅の輪くぐりは、罪や穢れを落とし、 無病息災を祈る風習。 令和3年3月5日(金)~14日(日)に開催を予定していました京都・東山花灯路-2021は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、開催を中止いたします。

6