受け顔鬼滅の刃。 『鬼滅の刃』続編はナシ? 作者・吾峠呼世晴の“構想”にさまざまな憶測

受け顔鬼滅の刃

小柄で言動が軽い好々爺で鋼鐵塚蛍の名付け親。

4
受け顔鬼滅の刃

刀鍛冶の里にて上弦の肆・半天狗と上弦の伍・玉壺の襲撃を受け、当初は炭治郎と共に半天狗と交戦するが、強風で飛ばされて離脱させられる。 その他、作中に出てくるギャグについては、空知英秋による『銀魂』の影響が指摘されている。

受け顔鬼滅の刃

捌ノ型 滝壷(たきつぼ) 怒涛の勢いとともに上段から打ち下ろす。

5
受け顔鬼滅の刃

漆ノ型 火雷神(ほのいかずちのかみ) 鬼になった兄弟子の獪岳を上回った速度で、六つしかない雷の呼吸から善逸が編み出した自分だけの型である。

12
受け顔鬼滅の刃

柱の中では最年長のまとめ役で、輝哉の信頼も厚い。 肆ノ型 紅花衣(べにはなごろも) 衣のような軌跡を描くように斬りかかる。

20
受け顔鬼滅の刃

ヒットの理由に監督ではなく、プロデューサーを出すのはあまりありませんが、私もその点は同意です。 ジャンプ新人賞に入賞した『過狩り狩り』は、人を喰らう鬼とそれを退治する剣士という、「鬼滅の刃」と同様の設定。 炭治郎らと行動を共にすることで情緒が育ち始め、自らの変化に困惑してしまう。

8