突発 性 前庭 疾患。 【前庭疾患・闘病記】愛犬を襲った憎らしい病魔 ~大好きな歩みが奪われて~

疾患 前庭 突発 性

前庭疾患になると、平衡感覚や体のバランスを保つことが出来なくなるほか、様々な脳神経異常を起こすんだけど、「良性」というからには、神経障害までは考えられないんだろうね。 病魔はなかなか手加減をしてくれません。 パンが好きならミルクでふやかしてミキサーでペースト状にしたらどうでしょう(蜂蜜を混ぜたりして)? 粘性の強い食材のときは、ケチャップやマスタードなどを入れる容器の口の先をを切って(口径を広げるため)使用したりもしました。

13
疾患 前庭 突発 性

殆ど先生に任せており病名も特に聞かなかったので、 この病名は最近知りました。 必ず獣医師に愛犬の持病や病歴、使用している薬物などを正確に伝え、適切な治療が行えるようにしましょう。

6
疾患 前庭 突発 性

なぜ「突発性」なのかは、結局「わからない」からですよね。

10
疾患 前庭 突発 性

調べてみて分かった症状は、次のようなものです。

疾患 前庭 突発 性

この頃は、斜頚が出ている時でも元気で、散歩も今までと同じか、少し短いぐらいの距離を歩いていました。

疾患 前庭 突発 性

散歩時も普段から抱っこで移動し、排尿と排便の決まった場所で降ろして排泄させて、また抱っこで連れて帰っていて、また日中もほぼ寝ているので1日のうちで自分で歩く事自体がほとんどないので、少し気になるな・・程度でした。 治療はステロイドと抗生剤で、初めの三日は眼振もひどく、食欲もないので点滴で栄養をとっていましたが、5日前から次第に食欲も戻り、眼振もなくなり、排泄もして、ふらつきながらではありますが、散歩もルンルンで行きたがります。 また、犬の皮膚に負担がかかりすぎないよう犬の体を引きずったり、強くこすったりしないようにしましょう。

疾患 前庭 突発 性

老犬ってのあるし、前庭疾患はそんなにすぐによくなるものではないらしく、でも経過は良好とのこと。

4