台場 クヌギ。 大阪能勢の妙見山―頂上のお寺へいろいろなコースを選べる山―

クヌギ 台場

開閉にご協力ください。 何か目立った特徴はありますか? 採集初心者さん、いつもレスありがとうございます。 日本には、他にもクワガタを採集できる所はありますけど、許可なく立ち入ることが禁止されている場所も多いので注意が必要です。

3
クヌギ 台場

その理由は、ペットショップなどでクワガタを買う人は多いので、そのような人たちが飼っている昆虫ケースから、クワガタが逃げ出すことがあって、そのようなクワガタが街灯などに飛んでくる場合があるからです。 樹液があまり出ていないポイント 里山に柵が設置されていることは、予想していませんでしたが、以前より、都市化が進んでいると考え、昔のポイントから家のない場所へ採集ポイントをずらしたりして新たなポイントの開拓を考えました。

クヌギ 台場

ー都市部の人たちが生活スタイルの変化を求めて近隣する山に住む自然に住むことは、燃料林ではない新しい共生の形ではないでしょうか? 今更、里山放置林を里山として再生することは無理でしょう。 次の楽しみは、2本目投入以後の伸びがどれくらい行くかなというのが楽しみです。 dorcus-rectusさん レスありがとうございます。

2
クヌギ 台場

「さあ 行こうか」と声をかけ、15mほど崖を木の枝につかまりながらなんとか実線道に出ました。 写真に付したコメントなどもご参照いただき、徹底的にクヌギを覚えてしまって下さい。

クヌギ 台場

成功例として、水明台の例があります。 併せて、ブーンという聞きなれた羽音がします。

17
クヌギ 台場

オオクワガタに出会い、採集やブリーディングを始めて、いつの間にか20数年が経ってしまいました。 発酵した甘酸っぱい強烈な臭い 同じくクヌギの樹液:白っぽい所が樹液が煮詰まっている箇所 また台場クヌギと呼ばれるゴツゴツといびつな形をしたクヌギは、人の手で伐採~成長~伐採と繰り返した為、いびつな形になり、木の穴(ウロ)が出来ている事も多く、オオクワガタやヒラタクワガタの格好の住処ともなっているようです。 採集の行く手を阻むもの 20年以上前の記憶と記録と照合しながら、ポイントを回っていると、不思議な光景に出くわします。