エクセル プルダウン 追加。 入力ミス激減!エクセルでプルダウン(ドロップダウン…|Udemy メディア

プルダウン 追加 エクセル

メッセージが表示されないようにするには、チェック ボックスをオフにします。

7
プルダウン 追加 エクセル

テーブルの終わりの次の行に、 追加したいデータを入力し、するだけで、 自動的にテーブル範囲が拡張します。

18
プルダウン 追加 エクセル

今度は今回のメイン技、前の章でご紹介した、 テーブルにかぶせて定義した名前を使ってドロップダウンリストを設定してみます。

3
プルダウン 追加 エクセル

この記事では、エクセルで プルダウンを作成する方法、 プルダウンの応用、 プルダウンの解除の仕方を解説していきます。

プルダウン 追加 エクセル

D列に追加した項目を自動的にプルダウンリストの項目にするためにOFFSET関数とCOUNTA関数を組み合わせて指定しています。 Sheet1のA1セルをクリックしてアクティブにします。 「」でご紹介しているとおり、テーブルに関連する数式は、「構造化参照」というテーブルの構造で表現することができます。

11
プルダウン 追加 エクセル

2「広報部」のセル範囲に名前を付ける 同様にセルB2~B9を選択して、名前ボックスに「広報部」と入力して[Enter]キーを押します。 リボンの [ データ] タブから、[ データの入力規則] をクリックします。

プルダウン 追加 エクセル

入力ミスの防止などに役立つプルダウンリストですが、この項目数が多いと、リストをスクロールしないと項目が表示しきれず、かえって不便です。 それには、先ほど整理した「担当部署」と「担当者」のデータのセル範囲に「 名前」を付けます。 [設定]タブの[入力値の種類]で[リスト]を選択し、[元の値]欄でクリックして、この欄に文字カーソルを入れます。

17
プルダウン 追加 エクセル

INDIRECT関数は奥の深い関数なので、また別の機会を設けて詳しく解説します。 これで、プルダウンにデータを追加できます。 C3セルを選択して、[データ]タブの[データの入力規則]をクリックします。

4