ルンバ i7 プラス。 ロボット掃除機「ルンバ i7+」レビュー。最高峰モデル「980」と比較してわかったメリット・デメリット

プラス ルンバ i7

0ビジュアルローカリゼーション」です。 以下より、その詳細を説明していきます。

5
プラス ルンバ i7

障害物にあたると向きを変えちがう方向にいき、ぶつかるとまた向きを変える・・・ それを繰り返すことで何度も同じところを走り掃除のしわすれを防ぐ仕組みでしたが、次にどこにいくのかまったく読めないし、本当にすべてのスペースを掃除できているのか疑問でした。

12
プラス ルンバ i7

これは、掃除をするたびに椅子などの位置が異なる可能性があり、次回の清掃に使うのが難しいためです。 部屋全体を毎回まんべんなく掃除したい!という人は、980のほうがおすすめです。

15
プラス ルンバ i7

ルンバはこのナビゲーション能力によって、どのルートで清掃すれば効率良く掃除できるか考えて移動します。 i7+は、ゴミを自動収集する充電台「クリーンベース」が付属 さて、もうひとつの特徴が、ダストボックスのゴミを充電台側に自動収集する機能です。

プラス ルンバ i7

iRobotアプリでスマートマップを作成します。 一方、 ルンバ960のダストボックスは、水洗いはできません。 」となっています。

1
プラス ルンバ i7

気になった点の実験動画と、リアルなナマ写真てんこもりで、実際使ってみた様子をお届けします。 カテゴリー• 0」を搭載するi7は自分がどこにいるかを把握し、効率よく掃除できるようになりました。

12